3種類の全身脱毛は何が違う?それぞれのメリット・デメリットを紹介!

安全性の高さが魅力のレーザー脱毛

現在、全身脱毛の主流となっているうちの1つが「レーザー脱毛」です。クリニックや医療機関のみが施術を行う事が出来るという特徴があります。レーザー脱毛の最大のメリットは「安全性の高さ」です。施術で使用する脱毛器が医療機器なだけではなく、診察から施術まで医師の方が担当をしてくれます。一方、レーザー脱毛には「フラッシュ脱毛と比較すると費用が高い」というデメリットがあります。脱毛にかかる費用を出来るだけ抑えたいという方には向かない脱毛方法となっています。

気軽に利用出来る環境が揃ったフラッシュ脱毛

レーザー脱毛と同様の人気を得ているのが「フラッシュ脱毛」です。主にエステサロンで行われている全身脱毛です。駅前にある事に加えて、土日祝や夕方以降の遅い時間も営業している店舗が多く、社会人の方でも仕事終わりに脱毛施術が受けられます。また、顧客獲得のために様々なキャンペーンやクーポンを定期的に行っているので比較的リーズナブルな価格で脱毛出来ます。お試し脱毛を用意している店舗もあり、脱毛効果を確かめてから契約する事も可能です。しかし、フラッシュ脱毛で使用している脱毛器はレーザー脱毛と比較すると出力が弱いので「脱毛施術が終わるまでにかかる期間が長い」といったデメリットが存在します。

脱毛効果はダントツのニードル脱毛

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛が登場するまでは、主流だったのが「ニードル脱毛」です。毛穴1つ1つに微弱な電流を流すので、脱毛した毛が再び生えてくる事がほとんどありません。しかし、現在はニードル脱毛の施術を行っている店舗がほとんどなく、探す手間がかかる事や強い痛みがある等、様々なデメリットがある点に注意が必要となります。

全身脱毛は体中の体毛を処理する行為なので肌への刺激が非常に大きなものとなります。処理後の肌荒れを避けるため、前後のスキンケアを入念に行うことが重要です。