自分に最適な育毛方法とは!?原因に応じた対策と生活習慣の改善を

自分にあった育毛方法を発見しよう

自分にあわない育毛を実践していても、思うような実感は得られません。肌トラブルに原因があるように、薄毛にも原因が存在します。自分にあった育毛法を絞るには原因の特定が必須ですが、これはサロンや医療機関に行かないと正確に特定できません。セルフケアで育毛をする場合は、さまざまな方法を3ヶ月ずつ試してみる方法をおすすめします。自分にあっていれば3ヶ月で抜け毛が減少したり、髪質が変化したりするでしょう。こうしたメリットをまったく感じられない場合は、自分にあっていないと考えられます。ベストマッチした方法だと1~2ヶ月で抜け毛が減ったり、産毛が成長したりする変化を実感できることが多いです。

生活習慣はそのまま髪質に直結する

髪が薄くなるのは遺伝的要素が大いに関係していますが、生活習慣も無視できません。夜ふかしする人に薄毛が多く見られるのは、自律神経のバランスが崩れやすいからです。寝不足は肌の大敵と言われていますが、髪にも大きなダメージを与えます。ストレスを発生させる習慣はすべて薄毛の原因になると考えてください。育毛のためには規則正しい生活習慣を少なくとも3ヶ月以上継続する必要があります。生活を正したからと言って髪はすぐには元気になりません。ヘアサイクルを正すためには数ヵ月はかかるので、いかに焦らず育毛を継続できるかがポイントです。育毛剤やサプリを使用しても何も変化を感じられなかったという人は、継続期間が3ヶ月未満であるケースが多いです。

育毛シャンプーを使用している人は多いですが、正しく使えている人は少ないです。頭皮を揉むように洗い、洗う以上にすすぎを重視しましょう。