需要に合わせて多様化する目元の美容整形について

まずはお手軽な埋没法から

メスを使わず、施術にかかる費用も手頃なことから人気が高いのが埋没法による二重整形です。プチ整形と呼ばれる手法で、永久的な効果は期待することができないものの、手軽に二重にすることができると評判です。細い糸を使ってまぶたに二重のひだを作り出すため、施術跡が残りにくく、整形をしたことが周囲に分かりにくいのが特徴です。また、施術は10分程度で完了し、痛みがなくてダウンタイムがないので入院の必要もありません。

くっきり二重で魅力的な目元に

埋没法では満足できない、パッチリとした自分の理想とする二重を手に入れたい人には複数の切開方法を組み合わせた二重整形がおすすめです。ミニ切開と言われる手法で、二重にしたいひだの部分を数センチだけ切開し、理想的な二重のラインを作ることができます。この方法の特徴は、二重のひだに沿って切開をすることから、傷跡が目立ちにくくて仕上がりが美しいことです。さらに、最小限のダウンタイムに押さえられるのが魅力です。

目を全体的に大きくしたい

全体的に目を大きくして、アイドルのような魅力的なパッチリした目元にしたいという要望に応えられるのが、全切開法と言われる二重整形の方法です。全切開法では、目元の腫れぼったさを解消することができるため、理想通りの目元に仕上げることができます。まぶたを理想の二重幅に切開した後に、脂肪吸引をしてまぶたの腫れぼったさを解消します。その後、目立ちにくいように皮膚を縫い合わせるので、理想的な目元に仕上がるのです。

フォトフェイシャルは、低刺激の熱の力でフェイスラインの肌荒れの改善効果を期待でき、皮膚科の保険適用外の治療法の中では比較的リーズナブルになっています。